blog-photo以前「一人勝ち」という言葉がありました。と同時に私は違和感を覚えました。 それ以前に「近江商人の三方よし」という事を知ったからです。

どんなジャンルでも、一時的な「一人勝ち」はあるかも知れません。しかし、世の中の仕組みを考えるとそれは長続きしない。 その繁栄が長続きしているとすれば、きっとそれは「三方よし」にも通ずるものを持っているからだと思います。

前置きが長くなりましたが、「近江商人の三方よし」とは「売り手よし、買い手よし、世間よし」のことを意味します。

つまり「Win-Win」だけではなく「Win-Win-Win」、そのビジネスが売り手・買い手・社会にも貢献する、役に立つということ。 今では伊藤忠商事をはじめ、大手~中小企業の多くがそれを経営理念・指針とするようになりました。 私ももれなく「作り手、聴き手、社会」のすべてに良い音楽を制作できるよう、精進していきます。

近江商人と三方よしについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧下さい。勉強になりますよ!


スポンサードリンク