今回は「レゲエ」を意識したリズムで表現してみました。また、ブルースの要素も入れてみたりと。

音楽は「これはこういうジャンルです」と言っても、聴く人によって感じ方は様々です。なので、カフェミュージックとして、サーフミュージックとして、時としてはラウンジ音楽的に届くこともあるかと思います。

毎度拙い作品ではありますが、楽しんで頂けたら幸いです。いつもご視聴・多数のアクセスありがとうございます。

©blues-boy.com



スポンサードリンク