今回は「ちょっとおしゃれに」をテーマに作曲・演奏したものをご紹介します。

普段作曲する際、ギターを何気なく弾いている時に生じたフレーズをメモしておき、それをモチーフにメロディを全体に広げていくという方法がほとんどなのですが、これもまたそういった瞬間に生れたものです。

また最近、「カフェミュージックにアコースティックギターやピアノなどの鍵盤楽器などが使われているのは何故だろう? 」ということもよく考えます。と同時に「どういったメロディが流れればくつろげるだろう?」ということも。

インストルメンタル音楽の場合、「自然と耳や心にスッと入って来るもの」というイメージがあるので、シンプルな構成を心掛けています。

もっといいものを作りたいなぁ・・・と思いながらも、良い曲って考えて作れるものではないので、五線譜とギターを手に、時にカフェで作曲する場合は、ギターの代わりに小さなパソコン(鍵盤楽器のアプリの入ったもの)を手に出かけたりしています。

©blues-boy.com



スポンサードリンク