今回はちょっと珍しく(?)アコースティックギターでロック調の作品です。最初は穏やかなフィンガリングで始まりますが・・・その後は・・・ちょっとノリというか、グルーヴ感というか・・・ご試聴ください。アコギ1本でも、色んな表現方法があるのが感じられると思います。

©blues-boy.com



スポンサードリンク